Top >  東レ グラサル

東レ グラサル

東レ グラサル に関する参考になるサイトを集めました。東レ グラサル についてもっと詳しく調べてみたい時は以下のリンクをたどってください

東レ株式会社(とうれ、英称:Toray Industries, Inc.)は、合成繊維、化学繊維を始めとする、化学や情報関連素材を取り扱う日本の大手化学企業。

社名中のレは化学繊維のレーヨンに由来します。

三井グループに属します。東京証券取引所・大阪証券取引所第一部上場、証券コード3402。

本社は東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 日本橋三井タワー
第2本社ビルは千葉県浦安市美浜一丁目8番1号
大阪本社は大阪府大阪市北区中之島三丁目3番3号 中之島三井ビルディング
現在社長を務める榊原定征は2007年5月23日に日本経団連副会長に就任しました。
元副社長で現在特別顧問を務める飯島英胤は、2006年6月13日に日韓経済協会第七代会長に就任しました。
現在のコーポレートスローガンは、「Innovation by Chemistry」(化学による革新)です。

歴史
1926年(大正15年)1月12日 - 三井物産の出資により設立。社名は「東洋レーヨン」。創立記念日は4月16日。
1970年(昭和45年) - 現社名(東レ株式会社)に変更。
1986年(昭和61年)4月16日 - 創立60周年に伴い、現在のロゴマークに変更。
2005年(平成17年) - 本社を東京都中央区日本橋室町二丁目2番1号から東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号の日本橋三井タワーへ移転。

TORAY
東レ株式会社は、新しい価値の創造を通じて社会に貢献します。 ... 東レが文化支援の一環として主催するコンピュータ・ピクチャーの公募展です。 ... 「ecodream」。 地球を守る、未来を育てる東レのエコドリーム・テクノロジーをご紹介します。 .....more

東レACE株式会社
このページはインラインフレームを使用しています..more

東レグラサル株式会社の産業活力再生特別措置法に基づく事業再構築計画の変更認定について
本件は、東レグラサル株式会社の産業活力再生特別措置法(以下「産業再生法」)第3条第1項の規定に基づき平成15年2月3日付けで認定を行った事業再構築計画 について、産業再生法第4条第1項の規定に基づき変更の認定を行うものである。 .....more

グループ建材事業の統合・再編について | TORAY
今回の統合・再編では、東レグラサルを存続会社として、テクマート、中濃セテックの計3社が合併し、存続会社に三東都市開発の建材商事部門を営業譲渡します。 ... 財務体質強化を目的として、東レグラサルおよび中濃セテックに対する増資を、 .....more

東レグラサル株式会社他2社の産業活力再生特別措置法に基づく事業再構築計画の認定について
東レグラサル株式会社、株式会社テクマート及び中濃セテック株式会社から平成15年1月27日付けで関東経済産業局に提出された「事業再構築計画」について、産 業活力再生特別措置法第3条第1項の規定に基づき審査した結果、 .....more

様式第三 認定事業再構築計画の内容の公表
2.認定事業者 東レグラサル株式会社. 株式会社テクマート. 中濃セテック株式会社 ... 東レグラサルを存続会社として三社を合併し、前述の対応により業務効率の ... なお、東レグラサルが. 100%所有するテクマートの株式に対 .....more

東レACE株式会社
"グラサル"には、化粧板・基板(標準品)に加え、用途に合わせて積層板、耐火複合板などの パネル(受注品)も揃えています。 ... 15年補償の"グラサル"の耐候性 ... <ただし、補償額はグラサル販売価格の範囲内。 施工 .....more

network1
東レグラサル. トステム. ニチアス. 日東紡マテリアル. パル. フクビ化学工業. 松下電工 ... 東レグラサル. 東南産業. トステム. 南海プライウッド. ニチハ. ノダ. 松下電工. ユアサ商事 .....more

月刊三河路-No.147-
住宅壁材の製造販売会社「東レグラサル」社長から、昨年6月、「知立セントピアホテル」二代目社長に就任。 東レ時代は世界を飛び回り、幅広い事業展開に従事。 ... 「あらゆる事業の集約であるホテル経営に、今までの経験を生かしたい」と語られ、 .....more

商品検索
20. 操作ガイド. 東レおよび東レ関係会社の製品の検索ができます (一部未登録製品がありますので、不明な場合は下記にお問い合わせ下さい。 ... 左の欄に表示しきれない項目リストは、「次へ」をクリックすれば順次表示されます。 .....more

 <  前の記事 東レ ペフ  |  トップページ  |  次の記事 東レ サイディング  >